映画「長いお別れ」公式サイト » 第11回 TAMA映画賞にて、最優秀作品賞・最優秀男優賞・最優秀女優賞 3部門受賞決定!

第11回 TAMA映画賞にて、最優秀作品賞・最優秀男優賞・最優秀女優賞 3部門受賞決定!

2019/10/04 17:09 up!

2018年10月から2019年9月に劇場公開された作品を対象に選出される、第11回TAMA映画賞にて、
『長いお別れ』が最優秀選作品賞(中野量太監督、スタッフ・キャスト一同)、最優秀女優賞(蒼井優さん)、最優秀男優賞(山﨑努さん)、以上3部門の受賞が決定致しました!

 

◆TAMA映画賞 公式サイト
http://www.tamaeiga.org/2019/award/

 

授賞式は11/17(日)に、中央大学多摩キャンパス クレセントホールにて開催予定です。

ご支援いただきました皆様に感謝申し上げます。
そして、中野監督、蒼井優さん、山﨑努さん、受賞おめでとうございます!

 

 

〇各賞選定理由

◆最優秀作品賞

中野量太監督、スタッフ・キャスト一同

<長いお別れ>により家族の形態に変化が訪れても、心に刻まれている何かは変わらない。
夫婦の深い愛情によって親を敬う心や家族のDNAが育まれるさまを丁寧に描き、演技・台詞・演出の絶妙なブレンドにより至福な思いに観客をあまねいた。

◆最優秀女優賞

蒼井優(『長いお別れ』『宮本から君へ』『斬、』『ある船頭の話』『海獣の子供』)

『長いお別れ』で病が進む老父の傍らで笑い泣きする次女を、『宮本から君へ』で公然プロポーズを意地で撥ね退ける愛しい恋人を、
『斬、』で無常の時代に届かない叫びをあげる村娘を。多岐にわたる役柄を演じ分け、観客の脳裏に鮮烈に焼き付けた。

◆最優秀男優賞

山﨑努(『長いお別れ』)

認知症の進行により周囲が見えなくなり言葉や表情が失われていくなかで一瞬みせる敬愛する家族の長としてのお父さんの姿は、
観客からも応援したくなる魅力に溢れ、俳優・山﨑努の凄みを感じさせた。